闇金から借り入れる危険

お金が舞う

金融機関からお金を借り入れる際には審査というのがあります。審査では、勤務先や勤務形態、勤続年数、現在までのクレジットカードの利用状況、ローンの借入や返済状況などがチェックされます。正社員として安定した企業に長年勤務していれば審査には有利ですが、属性によってはなかなか審査に通らないことがあります。特に、債務整理やはなはだしい延滞の記録が信用情報機関に残っていると銀行や大手消費者金融からは借り入れができません。また、貸金業者からは年収の3分の1までの金額までしか借り入れができないので、すでに借入残高が年収の3分の1に達しているなら消費者金融からは借り入れができません。

 

それで、審査が緩いところを探すとなるとどうしても規模の小さな消費者金融になります。年収の3分の1を超える額でも借り入れができる貸金業者となるとヤミ金しかありません。また、債務整理の記録が残っていても借入できる貸金業者も、すべてとは言いませんがヤミ金である可能性が高いです。どこからも借入ができないと「わら」をもつかむ思いでヤミ金を利用したくなるかもしれませんが、つかんだのは「わら」なんて生易しいものではなかったということをすぐに思い知らされます。

 

ヤミ金は、トサンやトゴといわれるように10日で3割、10日で5割のような高い利息を要求します。利息が高いので、利息を返済するだけで精一杯でなかなか元金は減りません。こうして、違法な利息を延々と払わされることになります。利息を支払うために風俗で働くようになる普通の主婦もいます。借入金の返済ができなくなると脅したり、職場や家族にも電話をかけてきたりします。ヤミ金を利用して借入をする人は家族には内緒にしていますから、突然膨大に膨らんだ借入金額を知らされて、家族は呆然とすることになります。自分だけでなく家族の幸せも壊すことになります。借金の返済に窮して自殺する人もいます。ですから、ヤミ金から借入れるのは絶対にやめましょう。もしすでにヤミ金から借り入れてしまってひどい生活を送っているならすぐに消費生活センターや弁護士、警察に相談してください。ちなみに違法な利息は払う義務はありません。脅されるのが怖いからといって払い続けるならヤミ金の思う壺です。すでに脅されているならすぐに警察に連絡してください。